So-net無料ブログ作成

国内初のGLP-1受容体作動薬を発売―ノボノルディスク(医療介護CBニュース)

 ノボノルディスクファーマは6月11日、2型糖尿病治療薬で国内初のGLP-1受容体作動薬ビクトーザ皮下注18mgを発売した。単剤での服用のほかに、スルホニルウレア(SU)薬との併用が可能。在宅で自己注射ができる薬剤としても指定されている。

 用法・用量については、成人では0.9mgを1日1回、朝または夕に皮下注射する。1日1回0.3mgから開始し、1週間以上の間隔で0.3mgずつ増量し、患者の状態に応じて適宜増減するが、1日0.9mgを超えないこととしている。

 消化管から出るインクレチンと呼ばれるホルモンの1つ、GLP-1が体内で分解されにくいように開発した薬剤。膵臓のβ細胞に働き掛け、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌を血糖値に応じて促進し、同時に血糖値を上げるホルモンであるグルカゴンの分泌を抑制する。

 ノボ社によると、1日1回の皮下注射で優れた血糖改善効果を示すほか、単独療法では低血糖を起こしにくく、体重増加を来しにくい。さらに、2型糖尿病は膵臓のβ細胞の機能が徐々に低下していく進行性の疾患だが、国内外の臨床試験では、ビクトーザ投与後に膵β細胞機能指標の改善が認められたという。

 ただし、同じインクレチン関連のDPP-4阻害薬で、SU薬との併用により重篤な低血糖症状が表れ、意識消失を来す例も報告されたことから、添付文書中にはSU薬を投与中の患者が「慎重投与」の対象となっているほか、「重要な基本的注意」の項には、SU薬と併用する場合はSU薬の減量を検討することと記載されている。
 
 薬価は9960円(18mg3mL1キット)。2013年度(ピーク時)の売上高173億円を目指す。


【関連記事】
高選択的DPP−4阻害薬ネシーナの安全性に期待
【中医協】国内初のGLP−1受容体作動薬などの薬価が決定
新規2型糖尿病治療薬などの副作用報告を公表―厚労省
専門医に聞く、新規2型糖尿病治療薬の使い方(下)
「新しい2型糖尿病治療薬に期待」

渋滞最後尾に追突、3人死傷 首都高 (産経新聞)
<有楽町線>線路に男性落ち死亡 飯田橋駅(毎日新聞)
<在日米軍再編>普天間移設 きょう菅首相と沖縄知事が会談(毎日新聞)
<新潟水俣病>4次訴訟 患者会が和解協議入りを決定(毎日新聞)
無料でW杯の「日刊電子雑誌」=講談社(時事通信)

<鳩山首相辞任>小沢氏とともに「事件」で批判 釈明に徹し(毎日新聞)

 鳩山首相と小沢幹事長は、ともに「政治とカネ」を巡って元秘書が政治資金規正法違反に問われ、厳しい批判を浴びてきた。

 首相の偽装献金事件が発覚したのは昨年6月。東京地検特捜部は市民団体からの告発を受け、衆院選後の9月に捜査を開始。12月24日、資金管理団体「友愛政経懇話会」など2団体の政治資金収支報告書に総額約4億円の虚偽記載などをしたとして、政治資金規正法違反(虚偽記載、不記載)で元公設第1秘書(59)を起訴(別に元政策秘書を略式起訴)した。元秘書は今年4月に執行猶予付きの有罪判決を受け、首相は「政治家としての責任を痛感している」と述べていた。

 捜査の過程では首相の母親から毎月1500万円、総額12億円余の資金提供があったことも判明。首相は修正申告したが、母親からの資金提供は「知らなかった」との釈明を繰り返した。

 小沢氏の資金管理団体「陸山会」を巡っては、04年に同会が土地を購入した際に小沢氏からの借入金4億円を同年分の収支報告書に記載しなかった疑惑が昨年秋に浮上。今年1月、元私設秘書の石川知裕衆院議員(36)=民主党を離党=ら3人が特捜部に政治資金規正法違反(虚偽記載)で逮捕され、2月に起訴された。

 小沢氏は容疑不十分で不起訴とされたが、東京第5検察審査会は4月、捜査段階の石川議員の供述などを基に小沢氏を「起訴相当」と議決。特捜部は小沢氏らに再聴取したうえで5月、再び小沢氏を不起訴処分とし、小沢氏は「潔白」を強調した。だが、同審査会による第2段階の審査があり、再び「起訴すべきだ」(起訴議決)と判断されれば小沢氏は強制起訴される。

 ある法務・検察幹部は両氏の辞意表明について「まさか小沢幹事長まで辞めるとは思っておらず、驚いた。ただ、一連の事件とは直接関係ないんじゃないか」と話した。

【関連ニュース】
【写真で見る】鳩山首相退陣表明
【毎日新聞号外で読む】鳩山首相辞任 普天間迷走で引責
【辞意表明詳報】鳩山首相辞任表明:両院議員総会詳細1 「国民のための予算成立 誇りに思っている」
【写真で見る】鳩山由紀夫氏の軌跡
■明快図説■民主党の党内人脈図

男が冷たい態度、代わりに女児に殺意…女供述(読売新聞)
<口蹄疫>特措法、28日成立へ 農家補償など、予算は1000億円(毎日新聞)
郵政法案の採決 社民連携に自信(産経新聞)
<仮想空間事件>「マルチ人脈」で拡大(毎日新聞)
ベトナム医療団 第1陣4人、ハノイ到着(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。